現代イスラエルの聖書的位置

今回のガザ戦争において、キリスト教関係者から批判の声、そして親イスラエルのクリスチャンに対する批判の声を聞きました。このような人々の中にも、温度差がありますが、福音的な信仰を持っている代表的な人物を取り上げ、そこから、私の説明を提示したいと思います。

批判者:「不信仰のユダヤ人には相続の権利はない」

ジョン・パイパー(John Piper)という人です。彼は改革神学を持っている人です。彼は福音宣教に対して情熱を持った人で、聖書信仰を持っています。しかし改革神学の中では、イスラエルの地位はあくまでも「霊的イスラエル=教会」となっております。いわゆる「置換神学」です。そうした背景から彼の聖書的見解を読んでみたいと思います。

Israel, Gaza, ‘Divine Right,’ and John Piper
(イスラエル、ガザ、「神からの権利」、そしてジョン・パイパー)

1.神は、世界の諸民族から、ご自分の所有としてイスラエルを選ばれた。

2.土地は、アブラハムとその子孫に約束された、永遠の相続の一部である。

3.アブラハムへの約束は、土地の約束も含めて、真の、霊的なイスラエルによって、永遠の賜物として受け継がれる。不従順の、不信仰のイスラエルに対してではない。

4.イエスは、ユダヤ人のメシヤとして世に来られ、ご自分の民はこの方を拒み、神との契約を破った。

5.したがって、イスラエル世俗国家は、(約束の)地に対して、今、神からの権利を持っていない。しかし、今の神からの権利に基づくのではなく、国際的な正義の原則、憐れみ、実効性に基づいて、平和的な居住を求めるべきである。

6.ユダヤ人のメシヤであるイエス・キリストへの信仰によって、異邦人は土地の約束も含めて、アブラハムの約束の相続者となる。

7.キリストの民のこの相続は、キリストの再臨し、御国を立てられる時に起こるのであり、その前ではない。それまでは、私たちキリスト者は私たちの相続に対して武器を取ってはならない。しかし、できうる限り多くの人に、自分の相続を分かち合うべく、自分の命を捨てていかねばならない。 続きを読む

停戦中だから見えてくる報道

今回は、イスラエルの防御境界作戦に関連する記事をたくさん書いています。この理由は、日本語で、ささやかながらでもサイバー上でマスコミには見えてこない、この戦争の記録を残しておきたいからです。イスラエルの戦争はマスコミ戦争とも言われており、過激派はゲリラ戦や宣伝戦によって戦ってきているからです。

過激派が現地外国特派員を利用し世界に発信させ、それからアメリカを始めとする政府の判断にも影響を与えます。そして、国際世論にも強い影響を与えることができ、その出来上がったものが私たちのお茶の間に入るのです。ですからテレビ視聴者や新聞記事の読者もある意味でこの戦争の当事者、と言うこともできるのです。

今、エジプトの仲介で72時間の停戦が行われています。その静けさから見えてくる事実を、外国特派員が報道し始めています。まずは「フランス24」から。

ロケット砲が、外国人特派員の多く泊まるホテルの隣にあります。そして、子供がロケット砲を撫でている映像も見られます!民間人の密集住居地からの発射した証拠です。それから、国連の旗がたなびく建物の隣に、ロケット砲があります。分かりますね、ここにイスラエル軍が、1)外国特派員たちの殺害、2)この小さな子供たちの殺害、3)国連施設の破壊、をするように仕向けるのです。あるいは、イスラエル軍が自制することによって自分たちが守られるようにするためです!(おい、逆だろう!) 続きを読む

間もなく終わる宣伝戦、そして・・

終戦の兆し

ネタニヤフ首相が、勇気ある決断をしました。最後の停戦のテーブルには付かず、一方的に地上軍を南の国境の町ラファを除いて撤退させています。いくつかの理由が考えられますが、

  1. トンネル破壊がほぼ全て終わったこと。
  2. ハマスの数々の停戦違反。
  3. イスラエル兵士の死。
  4. 泥沼化に引きずり込まれないこと。

最後の、停戦においてイスラエルの兵士の死、拉致の疑いによって、「停戦」という言葉が逆に胡散臭くて怪しくなってきた今、ハマスの根絶ができなくとも、今は引き際だと判断したのだと思います。(もっぱら、ハマスの指導者はカタールやトルコにいてさらなる資金集めをしていますから、根絶は難しいのです。)

今だにマスコミは、イスラエル軍が無辜の市民を殺戮していることを話しています。イスラエル国防軍のサイトのみならず、現場の外国特派員が、自分の目の前でイスラエル向けのロケットが発射されている現場に出くわしています。ハマスの宣伝戦のメッキが剥がれてきました。

フィンランドの放送局

イスラエル軍が砲撃してきたとして、強く非難してきた病院です。 続きを読む

パレスチナを愛する親イスラエル

FBのコメントで先週末掲載した投稿をこちらにもご紹介します。(実は、ちょっと悩んで、取り下げようかな?と思ったのですが、瞬く間に、いいね!がたくさんついてしまいました。)

イスラエルを愛することが、なぜかパレスチナを憎むことのように言われる。なぜだ?イスラエルを選ばれ、ユダヤ人を約束の地に導きられたのは、私たちの主イエス・キリストの神だ。だから、私は親ユダヤであり、親イスラエルだ。

そして神はすべての人を愛しておられる。アラブ・パレスチナ人を含めて愛しておられる。しかもアラブ人は、アブラハムの祝福を受けたイシュマエル人の末裔だ。愛さないではいられない。

両者が人間の世界では正反対の立場に置かれている。戦争によって、また政治的に対立する立場にある。だから何なのだ?私はイスラエル支持の発言をするし、パレスチナ人の苦しみへの共感も口にする。そこに矛盾はない。あるとしたら、それは人間の頭で考えているからだ。主の御言葉の中に自分を置けば、どちらも簡単にできる。

パレスチナ人クリスチャンは、イスラエルを憎んでいない。イスラエルを滅ぼそうなど考えていない。苦しいが、しかしイスラエルに反対するという選択肢はない。彼らも、主のくびきを負った人々だからだ。

同じように、イスラエルのユダヤ人信者は、パレスチナ人を憎んでいない。むしろ、自分たちにロケットを三千発以上打ってきた、そのガザ全体が滅びずに救われるよう執り成しの祈りを捧げている!そして、パレスチナ人クリスチャンと交わりを持っている。イスラエルを愛し、同胞の民を愛しながら、なお敵性民族を愛することは、全く矛盾しないのだ。

これは、アメリカに対しても、中国に対しても、イランに対しても、そう、北朝鮮に対しても抱かなければいけない思いだ。どの国も神の呪いを受けるに値しない、アブラハムの執り成しの祈りと同じ祈りがささげられている、神の憐れみの対象だ。

私は北朝鮮の国を、馬鹿にしたように、話の中で、しかもクリスチャンの中で呼ぶのを忌み嫌う。その人は北朝鮮のクリスチャンにあったことがるのか?脱北した兄弟姉妹も、そんな使われ方をしたら嫌な思いをすることを知らないのか。

アメリカ人クリスチャンを、宗教右派などとレッテルを貼り、こけにしたり、嫌悪感を露わにして、彼らがどう思っているのか知っているのか?閉鎖された”日本”キリスト教の壁をとっとと取り壊してもらいたい。平和なるキリストは、すでに隔ての壁を取り壊されたのだから。

私の考えるガザ戦争

いつか、ガザ地区だけでなく、パレスチナ自治区全体、そしてエジプトとヨルダン、シリア、レバノンにも、安全に自由に訪問し、現地の人たちと交流できることを夢見て、以下の文章をフェイスブックに書きました。

Arab Leaders, Viewing Hamas as Worse Than Israel, Stay Silent
(アラブの指導者は、ハマスをイスラエルよりも悪いと見、沈黙を保つ)

イスラエルの軍事行動を、非難しているのは自由主義社会のマスコミだ。しかし、それは自分たちのレンズ、情報不足に拠る偏見に基づいている。いつもは、最も非難するはずのアラブ連盟が沈黙を保っていて、エジプトはハマスへの批判をあからさまにしている。

これは、これまで中東情勢を見てきている者にとっては、驚くべきことだ。彼らがイスラエル非難の先頭に立ってきた者たちである。なぜそうなったのか?彼らの多くの国々がアラブの春を経験したからだ。独裁制への反対運動であったはずのものが、イスラム原理主義過激集団の乗っ取りが起こった。ムルシ政権になってから、シナイ半島を中心に過激集団がはびこり一気に政情を悪くした。そこから過激派テロリストがイスラエルにも攻撃をしかけた。

そして、イスラエルに接する国境の町ターバで、韓国人クリスチャンの乗る、シナイ山帰りのバスを爆破したのもこれら過激派だ。 続きを読む

日本人の考える「平和」

ガザ戦争について興味深い会話をフェイスブックで見ることができました。ベツレヘムに、唯一の福音派の神学校があります。そこが出したガザ戦争における声明を、ある日本人が訳し投稿しておられます。それに対してアメリカ人でユダヤ系のクリスチャンが、日本にも宣教の働きで関わっておられるであろう方が、進言しておられる会話です。

ベツレヘムバイブルカレッジによる、ガザにおける現在の危機に関する声明
(2014年7月25日)

ベツレヘム・バイブルカレッジの方々の声明は、双方(ハマスとイスラエル軍)に暴力の行使を停止すべきであるという声を上げています。それに対して、その兄弟が次のようなことを書いておられます。

「残念ながら、神から離れて平和はありません。この地域に平和が来ることはありません、なぜならイスラエルの敵はこの小国を残滅させたいと願っているからです。第二次世界大戦にナチスが行ったあの憎しみを、彼らも抱いています。イスラエルの敵は周囲の国々も含めたくさんいます。私の曾祖父はロシア系ユダヤ人でした。ユダヤ人は何千年も、どこに住んでいても迫害されました。これは聖書が預言している通りです。

テロリストがあなたの国にロケットを打ちこんだら、同じように反応しますか?放っておいて、いなくなることを願うだけですか?話すのは簡単にできます。この戦争において助言したい人は、責任を持っていないし、犠牲もないし、結果に関与することもありません。話しているだけの人々が、ロケットが打ちこまれてくるイスラエルに住んでいるなら、あるいは自国に砲弾が撃ち込まれてくるなら、話の内容は変わってくるでしょう。」 続きを読む

想像力を働かせる

イスラエル政府は、今回の戦争でハマスとの蹴りをつけたいと思っており、戦いはさらに長引きそうです。一般の人々が抱いているこの戦争の見方は、「圧倒的な武力をもって攻めているイスラエル軍が、学校や病院を破壊し、無辜のガザ市民を殺傷している。」というものです。千人を超えた死者がいて、イスラエルの死傷者より圧倒的に多いことを見て、イスラエルの非道、あるいは仮に正当化できたとしても愚かな方法だというものでしょう。

ここでの問題は「想像力の欠如」であります。マスコミに映し出される映像や写真によって心象で判断している、何が起こっているかを深く考えていないという問題がありますが、最も大きい問題は「想像力の欠如」です。その中でも「現場の人たちの気持ち」をほんの少しも想像していません。本当に彼らのことを考えているのであれば、それが一番気になるはず。

日本と同じ民主主義の先進国

私は、イスラエルには四度行ったことがありますが、そこは、ある本の副題で「普通ではない国で普通に生きる人々」というものがありましたが、ぴったりです。こんなに普通ではない環境の中にある国ですが、人々の生活は先進国のそれとほとんど変わりません。つまり、日本人は彼らのことを共感するのは、それほど難しいことではないのです。 続きを読む

聖書を学ぶことの難しさ、イスラエルも

信仰の基本に戻る

バプテスマ式を終え、この前の日曜日に新しい教材を使っての、新しい信者の学びについての説明を教会の人々に行いました。信仰的に新しい人々だけでなく、他の人々にも開かれた学び会にしたいと思っています。

というのは、これをずっと前に学んだ人が「最近になってようやく分かった」と仰られたからです。その時はただ宿題をこなすような気持ちだった、とのこと。これは信仰者全般の課題で「分かっているようで分かっていない。」というのが現状です。何度も聞いているから、分かっていると漠然と思っていたけれども、いざ言葉として口から出すことができるのか、また聖書に書かれてある通りの意味合いで、例えば、「悔い改め」「救い」「信仰」「聖霊」などの言葉を使っているのか。そして伝道の時に、福音の神のご計画を、相手に合わせながら、かつ真理を曲げることなく語ることができているか、そんな課題があると思います。

私も同じです。大学二年生になる直前に明確に信仰を持ちましたが、教会や伝道に熱心になっていた自分が就職二年後に渡米し、そこで牧会訓練校に通い始めたのですが、「悔い改め」という言葉を忘れたクリスチャン生活であったことに気づいたのです。それで、牧師などという大袈裟な話ではなく、クリスチャンのイロハに戻ろうという初心に帰りました。

こうした過程が、信仰生活の中であると思います。これはヤコブ書1章にある、「聞いているだけでなく、御言葉を実践する者になりなさい。」につながる過程です。つまり、聞いていて分かっているつもりが、生活の中で生かされていないという課題です。これをじっくりと、時間をかけて主に働きかけていただくことが霊的生活ではないでしょうか。

分かっているつもりで分かっていない聖書

聖書の学びも同じでしょう。知識的には分かっているはずの話、聖書箇所であったりします。そして教会生活が長くなると、説教を聞けば「また同じ話をしている。」と思います。そして牧者に対しても批判的になります。「俺たちは現実の生活でもがいているのに、聖書ばかり見てなんかのうのうとしているな。」 続きを読む

過激な愛とその宣教

イスラエルによる対ガザの防衛境界作戦は、地上戦へと入りました。まずはその報道と、作戦の目的を書いた記事をここに紹介します。

地上軍投入は不可欠:元南方総司令官ツビカ・フォーゲル氏 2014.7.16

地上軍・ガザ侵攻開始 2014.7.18

今朝、私たち夫婦は祈りました。「犠牲者が極限に抑えられますように。正義が速やかに執行されますように。そして、この困難な時に、パレスチナとイスラエルのクリスチャンたちを通して、キリストの光が照らされますように。」

ユダヤ人とアラブ人への宣教の働きをしているジョエル・ローゼンバーグ氏も次の祈りの要請をしています。「クリスチャンの皆さん、ガザのパレスチナ人に、またイスラエル人に、主が静けさと、慰めと癒しを授けてくださるよう祈り続けてください。交戦に巻き込まれている何百万もの無実のユダヤ人とアラブ人のために祈ってください。そして、ハマスとイスラム聖戦のテロリストのためにも祈ってください。神が抜本的に彼らの心を変え、暴力と悪から立ち返り、イエス・キリストとの個人的な関係に入れますように。神は、聖書時代、テロリストを救い、一変させてくださいました。私たちの時代にもしてくださいます。自著”Inside Revolution”のために、そのような沢山の方々に会い、取材しました。主がこの危機に大いなることをしてくださいますように!」(Facebook)

この”Inside the Revolution“の中で、著者ジョエルは、まだ鉄のカーテンのあった共産圏に聖書を運び続けた、名著「神の密輸商人」ブラザー・アンドリューの働きを紹介しています。その本が、Light Forceです。私はこの二冊で、中東を神がどう見ておられるのか、また宣教とそのにある神の過激な愛を知りました。 続きを読む

「イスラエルを祝福する」は偏愛ではない

イスラエルを祝福するとは」と「怒る者から、執り成す者へ」の記事の続きになります。

創世記12章3節を取り上げて、「イスラエルを特別視する」ということを、親イスラエルのキリスト者に対して批判者は声を上げます。もちろん、しっかりと調べた上で、公正な目で状況を判断しなければいけないことは言うまでもありません。しかし、そのような批判者こそがまともに状況判断をせず、公平性に欠けている場合が多い、ということは言わなければいけません。イスラエル情勢を注視している者たちは、数々の偏見と不公正を見てきたので、強い反発を抱き、なぜ神がアブラハムに、「あなたを呪う者は呪われる」と言われたのかが、合点が行くようになります。

つまり、イスラエルを祝福するのは、それが自体が目的ではなく、神の正義と公正を追及した結果、そういう立場になるのです。

聖書全体において、イスラエルを神が祝福することが、すなわち神の国の成就であり、イザヤが幻の中で見た、正義と平和が満ち満ちた世界を見る事につながります。イスラエルを祝福することと、神の正義を求めることは表裏一体なのです。

現地からの小さき声

私が目に留まった小さき声をここに紹介します。 続きを読む