何をもってイスラム主義が危険なのか?

昨日、ツイッターで内藤正典氏のそれをリツイートし、それから私の見解を書きました。少し編集して書きます。彼の主張から、今、イスラム国の台頭を始めとするムスリムの論理を辿ることができます。そしてなぜそれが、私たちには理解しがたいもの、大きな問題を孕んでいるかを論じていきたいと思います。

イスラム国はムスリムの解?

内藤氏のツイート:
欧米諸国や日本では、イスラーム国が突然登場し、ヤズィーディ達を迫害し、人道の罪を犯した、その時点からしか見ていません。その前にどれだけの理不尽な死があり、遺体の山が築かれていたかを見ようとしません。イスラームの過激主義は、突然、涌いて出てくるのではありません。彼らの行為を人道の罪と断罪するなら、なぜ、ドローンで住民の生命を奪う米国への人道の罪を問わなかったのでしょう?民主的に選ばれた大統領を追放したのみならず、支持者に発砲し千人あまりを殺害し、ムスリム同胞団員を何百人も死刑とするエジプトの軍事政権を人道の罪に問わないのでしょう?ガザのこどもたち500人もの生命を奪ったイスラエルを人道の罪に問わないのでしょうか?国連事務総長は、今になってガザを訪問し砲撃で住民の生命が奪われたUNRWAの学校の悲劇を嘆くなら、なぜ数ヶ月も続いた攻撃を止めるためにアメリカと刺し違える覚悟を示さなかったのでしょう?

イスラーム国は人道の罪に問うべきです。しかし、それならば、過去半世紀、過去一世紀、何の悪意もなく家族と暮らしていた人びとの生命を理不尽に奪いながら、謝罪も賠償もせず口をつぐんできた全ての加害者を人道の罪に問わねばなりません。そうでなければ、イスラーム国を武力で叩き潰しても、それはリビアに、パキスタンに、イエメンに、イギリスに、フランスに、ドイツに、転移するだけです。イスラーム国は正解ではありませんが、こういう状況に置かれてきた中東のムスリムによる解の一つであることに疑いの余地はありません。それが彼ら自身の「解」であることさえ否定したいのなら否定すればよいでしょう。見たくない解を遺体も残らぬほどに粉砕したらよいのです。しかし、それはあまりにも愚かな世界の破壊をもたらすことになるでしょう。

・・以上ですが、次が私のツイートを基にして、私の見解を書きたいと思います。

殺されたムスリムの90%以上は同じムスリムに拠る 続きを読む

北大生のイスラム国参加未遂事件

ブログでは、イスラム国についての記事をあまり載せていませんでしたが、フェイスブックとツイッター上では連続して載せておりました。ここでまとめたものを載せたいと思います。
中田考
北大生のイスラム国参加未遂の事件が大きなニュースとなりましたが、そこに元大学教授が関わっているという話が入ってきました。彼は中田考という、日本では稀有のイスラム原理主義の法学者です。私は半年ぐらい前から彼のツイッターをフォローしていました。彼はサブカルチャーのような体裁をもって、その教えることはアラブにおけるイスラム過激主義そのものであり、しかし説得力と新鮮さをもって分かり易く語っていること、そしてイスラム国を支持するだけでなく人脈や接触も持っていることから、いつか若者が影響されて、彼を通して参加するのではないかと感じていました。公安が監視していなかったら、よほどの節穴だと思っていました。

その中で、このニュースが流れて驚いたのです。そして、悔い改めに迫られました。「自分も、聖書を信仰の根本と信じる根本主義者だ。彼はイスラム法によるカリフ制を待望しているが、彼のように、私がキリストの御国の福音に献身し、傾倒してきただろうか」と。その時の驚きを次のツイッターとフェイスブックで次のように書きました。

************
(北大生本人について)東日本大震災の救援の時もそうだったが、クリスチャンではない団体の中には(もちろん一部だが)、「自分探し」の人が多かった。クリスチャンは、自分のために他者を愛するのではなく、キリストのゆえに愛するのであり、それしか理由があってはならない。 続きを読む

戦争より力ある武器

米国が、有志のアラブ諸国と共にイスラム国に対して戦争を開始しました。それで、いくつか映像や拙記事を紹介したいと思います。

ムスリムの人たちが回心する証しは、数多く聞いてきましたが、だいたい一様に劇的なイエス様との出会いをしています。幻や夢の手段によって、そして聖書からの言葉によって聖霊にはっきりと語られます。彼らは真剣です、だからキリスト者も主の愛によって真剣に付き合わないといけません。そして次に、以前にも紹介したことのある、ジェイ・スミス(Jay Smith)によるISISの台頭について、そしてキリスト者の応答についての勧めです。 続きを読む

堅実なイスラエル・中東・世界ニュース

キリスト者にとって、その信じる聖書の舞台がイスラエルであり、その周辺地域であることは、私たちは必然的にその地域に対する関心を寄せるということになります。私たちがとその周辺を取り囲む地域について日本語で入手できる堅実な報道として、おすすめするものがいくつかあります。

「シオンの架け橋」のイスラエル・ニュース

週に二度、イスラエルの報道に出てきた記事をまとめて送ってくれます。そこにあるイスラエルについての一般情報はとても役に立つでしょう。

オリーブ山便り

イスラエル現地に住んでいる、日本人のクリスチャンで、石堂ゆみさんによる報道です。私は、主に英語でイスラエルと中東情報を集めていますがが、内容がとても公正で堅実なもので、特におすすめします。メールによってニュースを受信することもできます。そして、月に二回、キリスト教衛星番組であるCGNTVが同名のニュースを動画配信しています。ブログやメールの文章だけでは伝わりにくい実際を、映像や肉声も出てくるので、非常に分かり易くなります。

CGNTV オリーブ山便り(動画)

もう一つ、同じくCGNTVによる世界ニュースです。

CGN World Report

これは、CBN Newsという米国のキリスト教放送局からの報道を翻訳し、字幕に出しているものです。私はCBNのニュースはとても堅実で、キリスト的でありいつも観ていますが、それを翻訳しているので、他の方々にもおすすめできるものがあるので、とても嬉しいです。 続きを読む

聖書信仰による世界観

おすすめしたい講演の動画があります。ラジオ伝道者、高原剛一郎さんによるものです。

<第一部>

<第二部>

私は最近までこの方のことを知りませんでしたが、ある方から紹介されて見てみました。世界を視る物差しがしっかりしていて、とても好感が持てました。そして聖書信仰にしっかりと立っておられます。(ほんの少し、細かいところの解釈は違いましたが、ほんの些細な違いです。)そして、関西人ということも手伝ってか、分かり易く、面白く、そして何よりも福音の種を蒔きたい情熱が伝わってきます!ある伝道集会のプロフィールには次の紹介になっていました。 続きを読む

イラク人キリスト教徒への支援

先日、「キリスト者の迫害と急増」という題名で、現在進行形で起こっている、キリスト教徒への大迫害のニュースをお伝えしました。イラクとシリアという舞台で起こっている出来事を見る時に、あまりにも心が痛くなるのは、神の以下の約束があるからです。

その日、イスラエルはエジプトとアッシリヤと並んで、第三のものとなり、第地の真中で祝福を受ける。万軍の主は祝福して言われる。「わたしの民エジプト、わたしの手でつくったアッシリヤ、わたしのものである民イスラエルに祝福があるように。(イザヤ21:24‐25)」

上は主が再臨された地上の神の国において、イスラエルを中心にして、南はエジプトから北はアッシリヤに至るまでに広域が、主を礼拝する場として整えられることを示している幻です。アッシリヤはイラク北部地域であります。そこが主イエスを礼拝する場となり、その民が主に立ち返ることを約束されている希望があるのですが、主の来臨が間近になっているからでしょう、悪魔がイスラム過激思想によって猛反抗をしています。そこにいるキリスト教徒を、全ての財産を置いて退去させ、あるいは宗教税を支払わせ、あるいは殺す暴挙に出ています。しかも、斬首、生き埋め、十字架、女性は性奴隷という残酷な手段で行っています。これはアッシリヤ人が使っていた恐怖による支配とまさに同じ手法であり悪魔の正体がここまで露わにされたことはないと思います。 続きを読む

道義の相対化

私は、ガザ戦のことをブログ上で書き始めた時に、向こうで戦争が起こったことよりも、日本における異常な反応に驚いたことを書きました。長くて、難しいかもしれませんが、三週間前に書かれた、あるアメリカ系ユダヤ人の記事がもっともよく、私の驚きを言葉にしてくれているので紹介します。(翻訳ではなく、細かい表現を変えているので意訳です。)

なぜ人はイスラエルを憎むのでしょうか

私たちは悪い世界に住んでいます。特段に目新しいことではありません。世界はその始まりから悪くなっていたからです。それゆえ神はそれを滅ぼし、再び始められました。

道義的見地から、2000年以後の世界を見てみましょう。

北朝鮮は、全土が巨大な強制収容所のままになっています。チベットは人類の最古の文化でありますが、中国に占領され、破壊されました。ソマリアはもはや国として存在しなくなりました。最も凶暴な者たちが、力ある者たちがはびこる無政府状態にあります。コンゴは、1998年から2003年までに550万人が殺され、ホロコーストで殺害されたユダヤ人の数に近づきました。

シリアは15万人が過去三年で殺され、数百万人が家を失いました。イラクは、ほとんど毎週、テロリストの爆撃によって大量殺人が起こっています。メキシコは2006年から、凡そ12万人が国内の麻薬戦争によって殺されました。イランは、虐殺を推進する神政独裁制ですが、核兵器を作る能力を得るのに最接近しています。中東のキリスト教共同体は一掃され、ナイジェリアのキリスト者の殺戮は常態化しています。

もちろん二十世紀のほうが流血は多かったのですが、けれども二十一世紀はまだ15年目なのです。しかしながら、世界がそこに住む者たちにとってこんなにも酷くなったのだということを示すのが要点ではありません。要点は、このようなあらゆる悪と苦しみにも関わらず、世界は圧倒的に、一国にその犯したとされる悪に注意を向けています。イスラエルです。

目に留めるべき最も価値あることは、イスラエルが地球上で最も人道的で自由な国の仲間にいるということです。加えて、絶滅の脅しを受けている唯一の国ということです。自由主義の国々が、警察国家の側につき自由主義の国家に反対するのは、歴史上これしかないでしょう。イスラエルとその敵国との戦争の前には起こらなかったことです。 続きを読む

もはや敵ではなくなったアラブ

今回のガザ戦をきっかけに、とてつもない預言的絵図が浮かび上がってきました。

1.国際社会の反イスラエル・反ユダヤ

わたしはエルサレムを、その回りのすべての国々の民を、よろめかす杯とする。(ゼカリヤ12:2)」

イスラエルが国際社会によって、これまで以上に非難されました。ヨーロッパではあからさまな反ユダヤのデモが繰り広げられ、ナチスの時代を彷彿とさせます。 

2.キリスト者の大迫害

わたしのために、みなの者に憎まれます。(ルカ21:17)」

ガザ戦は、ハマスというイスラム原理主義過激派の仕掛けた戦争ですが、中東、アフリカ、アジアにイスラム過激派によるキリスト者への大迫害が展開しています。ISISによって文字通り、キリスト者が血を流し、預言が成就しています。

3.アラブ諸国との敵対関係の終焉

これは、私にとって最も驚きでありました。イスラム過激派の存在によって、イスラエルと周辺アラブ諸国の利害が一致したのです。

Saudi Arabian Newspaper: “There Is No Longer an Arab-Israeli Conflict” (サウジアラビア新聞「アラブ・イスラエル紛争はもはやない」)

イスラエルの建国から始まった中東戦争は、合計四回ありました。最後のは1973年のヨム・キプール戦争ですが、それ以来、アラブ諸国とは通常兵器による国と国の戦争は終わったのです。そして、パレスチナとの連帯によるアラブ連盟のイスラエルへの敵性行為は次第に薄くなり、ついに今回のガザ戦で無きものとなってしまいました。 続きを読む

キリスト者の迫害と急増

ガザ戦争は収束に向かわず、ハマスが休戦を拒否、消耗戦に持ち込もうとしています。そして、イスラエルに対する不均衡な非難がマスコミを占有しているなか、アラブ連盟は沈黙によって、イスラエルの軍事行動を支持していたことをお話ししていました。しかし、人権を軽視している、民主化していないアラブ諸国でさえ、イスラム過激派のおぞましい残虐な行為が自分たちの庭で起こっているので、ハマスどころではない、いやハマスこそが問題の一端を担っているという見方をしていました。

キリスト者の流す血

今、シリアでは戦争の死者が十七万人を超えました。そしてシリアとイラク北部ではIS(イスラム国)が、おぞましい残虐行為を行っています。初代教会から連綿と続いてきたキリスト教徒共同体が完全に破壊されました。イスラムに改宗するか、人頭税を払うか、もしくは死ぬかという選択肢を与えられ、かつてアッシリヤのニネベであった、イラク第二の都市モスルでキリスト教徒は皆無となりました。

<イラク>「イスラム国」によるキリスト教徒への迫害深刻化

そして他のキリスト教徒の町にISが次々に襲い、「組織的虐殺」と行っています。文字通り子供を含めて「首切り」をさせられています。それを串刺しにして、公園にさらしにされている頭もあります。女は強姦、男は吊るしにされています。 続きを読む

親イスラエルの聖書的根拠

前記事からの続き

近現代イスラエルの聖書的位置について論じましたが、彼らを支持する聖書的根拠をこれからご紹介したいと思います。

思いを超える神の取り計らい

イスラエルの救いというのが、ローマ9‐11章の中で論じられているのを思い出してください。そこにあるのは、私たちの思いを超えたところにある神の主権と選び、その背後にある神の憐れみを取り扱っているのを思い出してください。「神がパロの心をかたくなにする」という難しい話題を取り扱っている箇所です。近現代のイスラエルは、神がご自分の計画を完成される、その前段階の狭間にいるため、その捉えどころのない姿に人々は悶々とします。

ヨブ記が、今のイスラエルを体現していると言ってよいでしょう。つまり、自分には全く気づかないところで、神の取り計らいが進行しており、そのためにヨブの友人三人は、彼が恐ろしい罪を犯したといって責めました。もちろんイスラエルが、ヨブのように正しいと言っているのではありません。前記事に書いたように、彼らは不信仰のままで、霊的に新生していません。ですから他の人間と同じように、間違いもします。しかし、彼らのしていることが、今、受けている非難に値すると言ったら大間違いです。次元の全く違う非難を彼らは受けています。

反イスラエルから、反ユダヤへ

イスラエルに向けられる非難の根拠を問いつめていけば、「あなたたちは、その土地から出ていかなければいけない。その国をあきらめなさい。」となっていきます。事実、アメリカでは政府の中でも有名だった熟練ジャーナリストが、そうした発言をして職を辞さなければならなくなりました。キリスト教関係者であっても、「あなたたちは要らないよ。」に類似した恐ろしい言葉が口から出てくるや知れません。

イスラエルに反対する声を挙げるなら、同時に反ユダヤ主義に強烈に反対する姿勢を見せなければ、事実、反ユダヤになります。黒人の公民権運動の指導者キング牧師は、「反イスラエルとは、反ユダヤのことだ。」と、反イスラエル主義を非難していました。この論理がヨーロッパで起こった反ユダヤ主義の歴史であり、今回のも、反ユダヤ運動がガザ戦争反対のデモ中でヨーロッパ中の街中で巻き起こり、キリスト教にも潜在的にそうした論理を依然として内包しているのです。 続きを読む