テロ戦に相対する日本人の心構え

テロはもはや「議論」ではなく「対策」の時

前記事でご紹介しましたように、イスラム国による日本人人質殺害予告について、クリスチャンとして執り成すことが、いま先決です。それ以外に、何をしなければいけないのか?まず、「対テロ戦に日本も入った」ことを認識すべきです。対テロ戦、とは心構えのことです。安倍政権批判は結構ですが、今の時点でこれを梃子に批判をすることは、まさにテロリストの目的を達成させてしまうこと。このことだけは、最低限守ってもらいたいです。イスラーム思想の研究者である池内恵氏が、今、日本が置かれている状況を下のブログ記事で指導しています。お二人の人命のみならず、これからの日本人やその他の国々の人々の安全と生命のためには、必読とも言える大切な文章であります。

「イスラーム国」による日本人人質殺害予告について:メディアの皆様へ

また、次の記事もテロと隣り合わせになる社会をどのように生きなければいけないのか、また別の研究者が良い指針を与えてくれます。

テロと自由と日本社会

ぜひ文脈を知ってほしい

そして、なぜイスラム国が人質殺害予告をするに至ったのか?その文脈は、まさに先日ご紹介した安倍首相の中東歴訪と聖書預言の記事です。

安倍首相の中東歴訪から見える聖書世界

ヨルダン・エジプト・イスラエルのイスラム国対戦の支援

ツイートでも、以下のようにまとめました。お読みください。

私はかねてから、安倍政権の政策に、同意できないものも多くあるけれども、全否定するのではなく良いところを評価していきたいと思っていました。その一つが「価値観外交」です。日本が空気のようにして当たり前にもっている自由と民主主義。それを共有している国は信頼でき、緊密な相互の経済協力をしていく、ということです。その積極的、平和的関与によって、不安定な地域のその要因を取り除く手助けをしていく、という考え方です。もちろん、戦略的に価値観の異なる人々といかに共存すべきか、ということも模索しなければ、現実的ではありません。しかしこのことも、足りない部分はありこそすれ、中国との「戦略的互恵関係」やロシアとのつながりや、日本の外交ルートを価値観でごり押しにしない点というのも大切でしょう。 続きを読む

後藤健二さんのための祈り

もう多くの方がご存知でしょうが、イスラム国に人質になった日本人二名のうち、一人はキリスト者です。

イスラム国が日本人2人(後藤健二氏と湯川春菜氏か)を人質として拘束 安倍総理による対中東2億ドル支援を非難 人質の殺害を警告【インタビュー】国際ジャーナリスト・後藤健二〜それでも神は私を助けてくださる〜

祈りをずっと捧げていますが、与えられている思いを今日、フェイスブックで分かち合いました。こちらにもご紹介します。・・

イスラム国の人質になっている、キリスト者でもある後藤健二さんのために祈るにはどうすればよいのか?多くの人がその救済を祈っているが、私もその一人だ。しかし、それよりも大事な祈り課題がある。それは、「イスラム国のテロリストの救い」である。

クリスチャン新聞1月25日に、「ムスリムの救いのため祈りを」という題で、イスラム圏宣教師の荒川恵水氏への取材記事がある。そこで荒川氏はこう告げている。

「重要課題は、イスラム・テロリストにも十字架の福音が主の特別な方法で伝えられることである。そのことを主に祈り、主がその働き人を遣わしてくださるように祈ることが私たちの責任であることを心に留めたい。(マタイ9:36‐38)」 続きを読む

安倍首相の中東歴訪から見える聖書世界

安倍首相の掲げる「積極的平和主義」、その外遊の国々の多さにも表れています。歴代首相を短い期間にすでに越えているそうです。(参考記事)そして始まったのが、1月16日から21日までの「中東歴訪」であります。

ようやく始まる日イ関係

五月、ネタニヤフ首相が来日したことについて、日本のマスコミがほとんど一切報じなかったことで、大きな衝撃を受けたことをお伝えしました。

ネタニヤフ・イスラエル首相訪日(5月11-14日)

私はこの訪問は、国交を結びながら、なおかつアラブ・ボイコットを恐れてイスラエルと距離を取ってきた日本国がこれからイスラエルに近づく兆しだろうという感触を得ました。第一に、イスラエルはかつてないほどの経済的好調を遂げており、何より地中海近海で油田発見による地政学の大変動の可能性、そして、その国情によって生み出された、農業、医療、ITにおける先端技術と起業性は、世界に影響力を及ぼしつつあったからです。

そして第二、世界の基軸が西から東にゆっくりと動いていることです。西洋は今でも絶大なグローバル・スタンダードを築いていますが、それでも底流で徐々に徐々に、その流れが東へと動いています。イスラエルにとって、輸入国の第二位は今、中国です。韓国は、その地政学と政治体制からイスラエルは以前より親近感を持っており、強い軍事的結びつきがあり、そしてイスラエル国内には、東南アジアからの出稼ぎ労働者が増えています。アジア諸国は、アラブの目など全く度外視してイスラエルと付き合いを始めていたのです。

第二次世界大戦後の秩序の中で世界経済大国の地位を確保した日本だけが、取り残されている姿をもどかしく見ていました。しかし、それが今、動き出したという感じがします。

相変わらず、日本のマスコミは安倍氏のイスラエル訪問を小さく報じていますが、イスラエル首相官邸のFacebookYoutubeは、数多くの記事、写真、動画を掲載しています。(日本の首相官邸のフェイスブックにも少し、報道があります。)

安倍首相イスラエル訪問

続きを読む

The Third Target(第三の標的)

アメリカから日本に帰る飛行機の中、次の本をずっと読んでいました。

The Third Target(出版社のサイト)

イスラム国がシリアで残されていた化学兵器サリンを入手、「第三の標的」をここで行なうと、イスラム国の指導者が語る「その国」とはどこか?これが意外や意外、(いや、本当は意外ではないが)種明かしをすると「ヨルダン」です。

これは、フィクション小説なのですが、ジョエル氏のこれまで出したフィクションはすべて、後でノンフィクションになってしまいました。(氏の著作リスト)イスラム国の台頭も、台頭する数か月前にこの本を書き記していたので、ドンピシャなのです。そういった視点で読むと、ヨルダン国王の政権を転覆させて、シリア、イラクに続けてヨルダンを倒し、そしてイスラエルに近づいて征服する、というシナリオはものすごく怖いほど、現実味を増しています。

そして本書の中に、ヨルダンに対する聖書預言を出しています。アモン(北部と中部)、モアブ(中部)、そしてエドム(南部)は、エレミヤ書等、すべてに荒廃が定められている裁きを受けます。中東和平のフィクサーであるヨルダン国王が除去されるのであれば、これらの預言の成就に現実味を増すという視点から書いたのでしょうが、ゆえにかえって、実際の専門家を越えて先んじて何が起こるかを読み取っています。

The Times of Israelの記事:The Islamic State’s Third Target

フランス新聞社へのテロ

私がアメリカで旅行している時に、この事件のニュースを耳にしました。折しも、宣教会議で食事の同じテーブルに、フランスのカルバリーチャペルの牧師さんと一緒にいた時に、その話を聞きました。映像を見ていないため、あまり実感を持てずにいたのですが、これは大きな意味を持つ事件であることがじわじわと分かってきました。四つの論点があると思います。

①イスラム教テロの拡がり

イスラム国の台頭においては組織のある実体を伴っていますが、今の動きは、組織を超えた思想によって個別に起こるテロが頻繁に起こっています。予てから当ブログで話していますが、テロリズムに闘うのは警察力や武力以上に、また経済的状況や教育以上に、「思想」や「価値観」によるものであり心の中の問題だということです。参考になる記事をご紹介します。

専制独裁主義の価値観と民主主義のそれとの戦争=フランス銃撃テロ事件(ミルトス社社長、河合一充氏)
「フランスの新聞社銃撃テロ事件の本質は何か。一般には、「言論の自由」への挑戦だと受け止められている。しかし、イスラエルの識者はそうではないという。「イスラム過激主義の価値観」と「西洋の民主主義、人道主義の価値観」との戦争だ。どちらかが勝つまで続くことを覚悟しなければならない、と。この見方はまだ、ヨーロッパ人に受け入れられていないが、イスラエル人ははっきりと見抜いている。」

イスラム過激テロは 人事でないヨーロッパ 日本も(同上の氏)
「日本では、フランスのテロ襲撃事件をどのように感じているのだろうか。対岸の火事ではなかろうか。イスラエルの指導者は、90年代からパレスチナ過激派(ハマスなど、イスラム原理主義)との戦いの最中、世界に警告していた。『イスラエルで起きていることはやがて、世界に広がるぞ。何も、イスラエル内だけに限定されるわけではない!』それを現実に実感しているのが、ヨーロッパ人であろう。ヨーロッパのメディアを見ていると、イスラム国、アルカイダなどの危険を訴え、新たな脅威の時代を意識しだしている。おそらく9・11の時にも、あれはアメリカで起きたこと、ヨーロッパは関係ない・・とは言わないまでも、どこか人事だったかもしれない。しかし、今やイスラム原理主義や過激派の恐ろしさが身近に迫っている認識にある。日本にもこのテロ戦争がやって来ないとは、絶対に保証できない。そのことを認識すべきだ。」 続きを読む

「イスラーム国の衝撃」(予告)

年始は、イスラム国についての新書がわんさか出て来ている感じです。これまで雑誌や新聞記事であってものが、体系的になったものとして出てきます。私は兼ねてから信頼できる、イスラム学者として池内恵(さとし)東京大学准教授の著作を追っていました。イスラム国についての解説も情報が溢れていますが、これから「イスラーム国の衝撃」という題名で、著書が出ます。オーソドックスな書物で基礎知識を付けて、それからニュースを追うのが良いかと思います。

イスラーム国の衝撃思い立ったら新書−−–−1月20日に『イスラーム国の衝撃』が文藝春秋から刊行されます

私の中東情勢やイスラムの動きについての主な情報源は英文のもので、イスラエルと周辺の中東発のものが大半です。またアメリカからのものもあります。それと池内氏の発信しているものに違和感がありません。けれども、欧米かぶれしている訳ではなく、実際の第一資料に当たって、自分で思考している姿を見ることができ、日本人としての主体性や、当事者としての意識も感じます。

「イスラム国」を理解する鍵

もちろん、キリスト者としてはさらに、霊的な判断、聖書的な見地を加えないといけません。私はイスラム国は、クリスチャンに分かり易く話すなら、「イスラム版の神の国」であるとみなしています。どの主権国家からも認知されない、アッラーから直接でてきた異次元の「国」であり、それは内的世界だけでなく、行政も機能する「可視的な国」となっています。キリスト者にとって御国は霊的なものであると同時に、将来、キリストの到来によって可視化されるものであるのと同じです。 続きを読む

独立宣言から見る「ユダヤ人国家」

今、イスラエルでは「イスラエルをユダヤ人の国」として認知する法律について、国会で紛糾していています。

「イスラエルはユダヤ人国家」法案で内閣紛糾 2014.11.25

私はこのニュースを追っているのですが、どうしてもなぜ紛糾するのかが分からないでいます。なぜならイスラエルの国そのものが「ユダヤ人国家」で始まっており、それをなぜ今になって同じ内容のものを法案として通そうとするのか、また、なぜそんなに左派の政党がヒステリックになって反発しているのかが、どうも分からない。(イスラム教徒との共存を家系で願っていた、宗教的ユダヤ教徒のリブリン大統領が反対していて、「独立宣言の憲章以上に、何か付け加える必要はない。」という意見は何とか理解できましたが・・。)そんなことを考えていた時に、嬉しいサイトを見つけました。あのイスラエルの建国宣言であり、「独立宣言」の日本語訳を見つけたことです。↓

イスラエル独立宣言


続きを読む

最も易しい「中東問題」

英語圏で有名になっているユーチューブの動画です。日本語訳が付いています!

複雑な中東情勢ですが、説明するのはとても簡単とのこと。「一方が他方に死んでほしいと願っている」ということです。下の過去記事で紹介した動画にも日本語訳が付いています。

関連ブログ:「和平プロセスの真実」「西岸の真実

ユダヤ教会堂襲撃事件を思って祈る

私たちは、2016年にイスラエル・ヨルダン旅行を企画していますが(現在募集中です!)、今起こっている数々のテロ事件を見るにつけ、心が痛み、張り裂けそうになります。特にその中に、宗教的ユダヤ人の姿が出てきます。私たちも2008年のイスラエル旅行で会ったのことのある、第三神殿を祈り求めるラビ・グリックの暗殺未遂が10月末にあり、エルサレムの通りで車の突っ込みで弾かれて言った人たちに、正当派ユダヤ教徒がおり、そして18日、ユダヤ教超正統派のシナゴーグ襲撃がありました。彼らの祈祷書が血まみれになっているその凄惨な写真を見た時(写真1写真2)、まるでホロコースト前から起こっていたヨーロッパの反ユダヤ主義、ユダヤ人に対する流血事件を想起させました。私の心の中で何かが抜けたような感じがしました。

事件の内容は、「オリーブ山便り」10月下旬辺りから読まれるとよいかと思います。襲撃事件は、11月18日の記事から始まっています。今朝、フェイスブックに掲載した記事をこちらにもご紹介します。

Politics Can’t Explain the Israeli Synagogue Attack. Only Hatred Can.
(政治はイスラエル人シナゴーグの襲撃を説明できない。憎悪だけができる。)

ユダヤ教礼拝所における襲撃は、死者が五人になりました。最初にかけつけた警官のうち一人がお亡くなりになったそうです。彼は、妻子のあるドルーズの方です。確か、この前の赤ん坊がなくなった車突っ込みテロにおいても、そこで死んだ国境警備隊はドルーズの方でした。 続きを読む

何をもってイスラム主義が危険なのか?

昨日、ツイッターで内藤正典氏のそれをリツイートし、それから私の見解を書きました。少し編集して書きます。彼の主張から、今、イスラム国の台頭を始めとするムスリムの論理を辿ることができます。そしてなぜそれが、私たちには理解しがたいもの、大きな問題を孕んでいるかを論じていきたいと思います。

イスラム国はムスリムの解?

内藤氏のツイート:
欧米諸国や日本では、イスラーム国が突然登場し、ヤズィーディ達を迫害し、人道の罪を犯した、その時点からしか見ていません。その前にどれだけの理不尽な死があり、遺体の山が築かれていたかを見ようとしません。イスラームの過激主義は、突然、涌いて出てくるのではありません。彼らの行為を人道の罪と断罪するなら、なぜ、ドローンで住民の生命を奪う米国への人道の罪を問わなかったのでしょう?民主的に選ばれた大統領を追放したのみならず、支持者に発砲し千人あまりを殺害し、ムスリム同胞団員を何百人も死刑とするエジプトの軍事政権を人道の罪に問わないのでしょう?ガザのこどもたち500人もの生命を奪ったイスラエルを人道の罪に問わないのでしょうか?国連事務総長は、今になってガザを訪問し砲撃で住民の生命が奪われたUNRWAの学校の悲劇を嘆くなら、なぜ数ヶ月も続いた攻撃を止めるためにアメリカと刺し違える覚悟を示さなかったのでしょう?

イスラーム国は人道の罪に問うべきです。しかし、それならば、過去半世紀、過去一世紀、何の悪意もなく家族と暮らしていた人びとの生命を理不尽に奪いながら、謝罪も賠償もせず口をつぐんできた全ての加害者を人道の罪に問わねばなりません。そうでなければ、イスラーム国を武力で叩き潰しても、それはリビアに、パキスタンに、イエメンに、イギリスに、フランスに、ドイツに、転移するだけです。イスラーム国は正解ではありませんが、こういう状況に置かれてきた中東のムスリムによる解の一つであることに疑いの余地はありません。それが彼ら自身の「解」であることさえ否定したいのなら否定すればよいでしょう。見たくない解を遺体も残らぬほどに粉砕したらよいのです。しかし、それはあまりにも愚かな世界の破壊をもたらすことになるでしょう。

・・以上ですが、次が私のツイートを基にして、私の見解を書きたいと思います。

殺されたムスリムの90%以上は同じムスリムに拠る 続きを読む