The Third Target(第三の標的)

アメリカから日本に帰る飛行機の中、次の本をずっと読んでいました。

The Third Target(出版社のサイト)

イスラム国がシリアで残されていた化学兵器サリンを入手、「第三の標的」をここで行なうと、イスラム国の指導者が語る「その国」とはどこか?これが意外や意外、(いや、本当は意外ではないが)種明かしをすると「ヨルダン」です。

これは、フィクション小説なのですが、ジョエル氏のこれまで出したフィクションはすべて、後でノンフィクションになってしまいました。(氏の著作リスト)イスラム国の台頭も、台頭する数か月前にこの本を書き記していたので、ドンピシャなのです。そういった視点で読むと、ヨルダン国王の政権を転覆させて、シリア、イラクに続けてヨルダンを倒し、そしてイスラエルに近づいて征服する、というシナリオはものすごく怖いほど、現実味を増しています。

そして本書の中に、ヨルダンに対する聖書預言を出しています。アモン(北部と中部)、モアブ(中部)、そしてエドム(南部)は、エレミヤ書等、すべてに荒廃が定められている裁きを受けます。中東和平のフィクサーであるヨルダン国王が除去されるのであれば、これらの預言の成就に現実味を増すという視点から書いたのでしょうが、ゆえにかえって、実際の専門家を越えて先んじて何が起こるかを読み取っています。

The Times of Israelの記事:The Islamic State’s Third Target

フランス新聞社へのテロ

私がアメリカで旅行している時に、この事件のニュースを耳にしました。折しも、宣教会議で食事の同じテーブルに、フランスのカルバリーチャペルの牧師さんと一緒にいた時に、その話を聞きました。映像を見ていないため、あまり実感を持てずにいたのですが、これは大きな意味を持つ事件であることがじわじわと分かってきました。四つの論点があると思います。

①イスラム教テロの拡がり

イスラム国の台頭においては組織のある実体を伴っていますが、今の動きは、組織を超えた思想によって個別に起こるテロが頻繁に起こっています。予てから当ブログで話していますが、テロリズムに闘うのは警察力や武力以上に、また経済的状況や教育以上に、「思想」や「価値観」によるものであり心の中の問題だということです。参考になる記事をご紹介します。

専制独裁主義の価値観と民主主義のそれとの戦争=フランス銃撃テロ事件(ミルトス社社長、河合一充氏)
「フランスの新聞社銃撃テロ事件の本質は何か。一般には、「言論の自由」への挑戦だと受け止められている。しかし、イスラエルの識者はそうではないという。「イスラム過激主義の価値観」と「西洋の民主主義、人道主義の価値観」との戦争だ。どちらかが勝つまで続くことを覚悟しなければならない、と。この見方はまだ、ヨーロッパ人に受け入れられていないが、イスラエル人ははっきりと見抜いている。」

イスラム過激テロは 人事でないヨーロッパ 日本も(同上の氏)
「日本では、フランスのテロ襲撃事件をどのように感じているのだろうか。対岸の火事ではなかろうか。イスラエルの指導者は、90年代からパレスチナ過激派(ハマスなど、イスラム原理主義)との戦いの最中、世界に警告していた。『イスラエルで起きていることはやがて、世界に広がるぞ。何も、イスラエル内だけに限定されるわけではない!』それを現実に実感しているのが、ヨーロッパ人であろう。ヨーロッパのメディアを見ていると、イスラム国、アルカイダなどの危険を訴え、新たな脅威の時代を意識しだしている。おそらく9・11の時にも、あれはアメリカで起きたこと、ヨーロッパは関係ない・・とは言わないまでも、どこか人事だったかもしれない。しかし、今やイスラム原理主義や過激派の恐ろしさが身近に迫っている認識にある。日本にもこのテロ戦争がやって来ないとは、絶対に保証できない。そのことを認識すべきだ。」 続きを読む

「イスラーム国の衝撃」(予告)

年始は、イスラム国についての新書がわんさか出て来ている感じです。これまで雑誌や新聞記事であってものが、体系的になったものとして出てきます。私は兼ねてから信頼できる、イスラム学者として池内恵(さとし)東京大学准教授の著作を追っていました。イスラム国についての解説も情報が溢れていますが、これから「イスラーム国の衝撃」という題名で、著書が出ます。オーソドックスな書物で基礎知識を付けて、それからニュースを追うのが良いかと思います。

イスラーム国の衝撃思い立ったら新書−−–−1月20日に『イスラーム国の衝撃』が文藝春秋から刊行されます

私の中東情勢やイスラムの動きについての主な情報源は英文のもので、イスラエルと周辺の中東発のものが大半です。またアメリカからのものもあります。それと池内氏の発信しているものに違和感がありません。けれども、欧米かぶれしている訳ではなく、実際の第一資料に当たって、自分で思考している姿を見ることができ、日本人としての主体性や、当事者としての意識も感じます。

「イスラム国」を理解する鍵

もちろん、キリスト者としてはさらに、霊的な判断、聖書的な見地を加えないといけません。私はイスラム国は、クリスチャンに分かり易く話すなら、「イスラム版の神の国」であるとみなしています。どの主権国家からも認知されない、アッラーから直接でてきた異次元の「国」であり、それは内的世界だけでなく、行政も機能する「可視的な国」となっています。キリスト者にとって御国は霊的なものであると同時に、将来、キリストの到来によって可視化されるものであるのと同じです。 続きを読む

独立宣言から見る「ユダヤ人国家」

今、イスラエルでは「イスラエルをユダヤ人の国」として認知する法律について、国会で紛糾していています。

「イスラエルはユダヤ人国家」法案で内閣紛糾 2014.11.25

私はこのニュースを追っているのですが、どうしてもなぜ紛糾するのかが分からないでいます。なぜならイスラエルの国そのものが「ユダヤ人国家」で始まっており、それをなぜ今になって同じ内容のものを法案として通そうとするのか、また、なぜそんなに左派の政党がヒステリックになって反発しているのかが、どうも分からない。(イスラム教徒との共存を家系で願っていた、宗教的ユダヤ教徒のリブリン大統領が反対していて、「独立宣言の憲章以上に、何か付け加える必要はない。」という意見は何とか理解できましたが・・。)そんなことを考えていた時に、嬉しいサイトを見つけました。あのイスラエルの建国宣言であり、「独立宣言」の日本語訳を見つけたことです。↓

イスラエル独立宣言


続きを読む

最も易しい「中東問題」

英語圏で有名になっているユーチューブの動画です。日本語訳が付いています!

複雑な中東情勢ですが、説明するのはとても簡単とのこと。「一方が他方に死んでほしいと願っている」ということです。下の過去記事で紹介した動画にも日本語訳が付いています。

関連ブログ:「和平プロセスの真実」「西岸の真実

ユダヤ教会堂襲撃事件を思って祈る

私たちは、2016年にイスラエル・ヨルダン旅行を企画していますが(現在募集中です!)、今起こっている数々のテロ事件を見るにつけ、心が痛み、張り裂けそうになります。特にその中に、宗教的ユダヤ人の姿が出てきます。私たちも2008年のイスラエル旅行で会ったのことのある、第三神殿を祈り求めるラビ・グリックの暗殺未遂が10月末にあり、エルサレムの通りで車の突っ込みで弾かれて言った人たちに、正当派ユダヤ教徒がおり、そして18日、ユダヤ教超正統派のシナゴーグ襲撃がありました。彼らの祈祷書が血まみれになっているその凄惨な写真を見た時(写真1写真2)、まるでホロコースト前から起こっていたヨーロッパの反ユダヤ主義、ユダヤ人に対する流血事件を想起させました。私の心の中で何かが抜けたような感じがしました。

事件の内容は、「オリーブ山便り」10月下旬辺りから読まれるとよいかと思います。襲撃事件は、11月18日の記事から始まっています。今朝、フェイスブックに掲載した記事をこちらにもご紹介します。

Politics Can’t Explain the Israeli Synagogue Attack. Only Hatred Can.
(政治はイスラエル人シナゴーグの襲撃を説明できない。憎悪だけができる。)

ユダヤ教礼拝所における襲撃は、死者が五人になりました。最初にかけつけた警官のうち一人がお亡くなりになったそうです。彼は、妻子のあるドルーズの方です。確か、この前の赤ん坊がなくなった車突っ込みテロにおいても、そこで死んだ国境警備隊はドルーズの方でした。 続きを読む

何をもってイスラム主義が危険なのか?

昨日、ツイッターで内藤正典氏のそれをリツイートし、それから私の見解を書きました。少し編集して書きます。彼の主張から、今、イスラム国の台頭を始めとするムスリムの論理を辿ることができます。そしてなぜそれが、私たちには理解しがたいもの、大きな問題を孕んでいるかを論じていきたいと思います。

イスラム国はムスリムの解?

内藤氏のツイート:
欧米諸国や日本では、イスラーム国が突然登場し、ヤズィーディ達を迫害し、人道の罪を犯した、その時点からしか見ていません。その前にどれだけの理不尽な死があり、遺体の山が築かれていたかを見ようとしません。イスラームの過激主義は、突然、涌いて出てくるのではありません。彼らの行為を人道の罪と断罪するなら、なぜ、ドローンで住民の生命を奪う米国への人道の罪を問わなかったのでしょう?民主的に選ばれた大統領を追放したのみならず、支持者に発砲し千人あまりを殺害し、ムスリム同胞団員を何百人も死刑とするエジプトの軍事政権を人道の罪に問わないのでしょう?ガザのこどもたち500人もの生命を奪ったイスラエルを人道の罪に問わないのでしょうか?国連事務総長は、今になってガザを訪問し砲撃で住民の生命が奪われたUNRWAの学校の悲劇を嘆くなら、なぜ数ヶ月も続いた攻撃を止めるためにアメリカと刺し違える覚悟を示さなかったのでしょう?

イスラーム国は人道の罪に問うべきです。しかし、それならば、過去半世紀、過去一世紀、何の悪意もなく家族と暮らしていた人びとの生命を理不尽に奪いながら、謝罪も賠償もせず口をつぐんできた全ての加害者を人道の罪に問わねばなりません。そうでなければ、イスラーム国を武力で叩き潰しても、それはリビアに、パキスタンに、イエメンに、イギリスに、フランスに、ドイツに、転移するだけです。イスラーム国は正解ではありませんが、こういう状況に置かれてきた中東のムスリムによる解の一つであることに疑いの余地はありません。それが彼ら自身の「解」であることさえ否定したいのなら否定すればよいでしょう。見たくない解を遺体も残らぬほどに粉砕したらよいのです。しかし、それはあまりにも愚かな世界の破壊をもたらすことになるでしょう。

・・以上ですが、次が私のツイートを基にして、私の見解を書きたいと思います。

殺されたムスリムの90%以上は同じムスリムに拠る 続きを読む

北大生のイスラム国参加未遂事件

ブログでは、イスラム国についての記事をあまり載せていませんでしたが、フェイスブックとツイッター上では連続して載せておりました。ここでまとめたものを載せたいと思います。
中田考
北大生のイスラム国参加未遂の事件が大きなニュースとなりましたが、そこに元大学教授が関わっているという話が入ってきました。彼は中田考という、日本では稀有のイスラム原理主義の法学者です。私は半年ぐらい前から彼のツイッターをフォローしていました。彼はサブカルチャーのような体裁をもって、その教えることはアラブにおけるイスラム過激主義そのものであり、しかし説得力と新鮮さをもって分かり易く語っていること、そしてイスラム国を支持するだけでなく人脈や接触も持っていることから、いつか若者が影響されて、彼を通して参加するのではないかと感じていました。公安が監視していなかったら、よほどの節穴だと思っていました。

その中で、このニュースが流れて驚いたのです。そして、悔い改めに迫られました。「自分も、聖書を信仰の根本と信じる根本主義者だ。彼はイスラム法によるカリフ制を待望しているが、彼のように、私がキリストの御国の福音に献身し、傾倒してきただろうか」と。その時の驚きを次のツイッターとフェイスブックで次のように書きました。

************
(北大生本人について)東日本大震災の救援の時もそうだったが、クリスチャンではない団体の中には(もちろん一部だが)、「自分探し」の人が多かった。クリスチャンは、自分のために他者を愛するのではなく、キリストのゆえに愛するのであり、それしか理由があってはならない。 続きを読む

戦争より力ある武器

米国が、有志のアラブ諸国と共にイスラム国に対して戦争を開始しました。それで、いくつか映像や拙記事を紹介したいと思います。

ムスリムの人たちが回心する証しは、数多く聞いてきましたが、だいたい一様に劇的なイエス様との出会いをしています。幻や夢の手段によって、そして聖書からの言葉によって聖霊にはっきりと語られます。彼らは真剣です、だからキリスト者も主の愛によって真剣に付き合わないといけません。そして次に、以前にも紹介したことのある、ジェイ・スミス(Jay Smith)によるISISの台頭について、そしてキリスト者の応答についての勧めです。 続きを読む

堅実なイスラエル・中東・世界ニュース

キリスト者にとって、その信じる聖書の舞台がイスラエルであり、その周辺地域であることは、私たちは必然的にその地域に対する関心を寄せるということになります。私たちがとその周辺を取り囲む地域について日本語で入手できる堅実な報道として、おすすめするものがいくつかあります。

「シオンの架け橋」のイスラエル・ニュース

週に二度、イスラエルの報道に出てきた記事をまとめて送ってくれます。そこにあるイスラエルについての一般情報はとても役に立つでしょう。

オリーブ山便り

イスラエル現地に住んでいる、日本人のクリスチャンで、石堂ゆみさんによる報道です。私は、主に英語でイスラエルと中東情報を集めていますがが、内容がとても公正で堅実なもので、特におすすめします。メールによってニュースを受信することもできます。そして、月に二回、キリスト教衛星番組であるCGNTVが同名のニュースを動画配信しています。ブログやメールの文章だけでは伝わりにくい実際を、映像や肉声も出てくるので、非常に分かり易くなります。

CGNTV オリーブ山便り(動画)

もう一つ、同じくCGNTVによる世界ニュースです。

CGN World Report

これは、CBN Newsという米国のキリスト教放送局からの報道を翻訳し、字幕に出しているものです。私はCBNのニュースはとても堅実で、キリスト的でありいつも観ていますが、それを翻訳しているので、他の方々にもおすすめできるものがあるので、とても嬉しいです。 続きを読む