サイード・アベディニ牧師の釈放

昨日、そして現在進行中で、すばらしい知らせが入りました。イランと米国の二重国籍を持っている、サイード・アベディニ牧師が三年前に、キリスト教徒への支援活動などを理由に拘束された米国人のサイード・アベディニ牧師に、禁錮八年の刑を言い渡たされ収監中でした。しかし、米国とイランの収容者交換の中で、四人の米国人が釈放され、その中にサイードさんが含まれていました。

イラン、米国籍のキリスト教牧師に禁錮8年(2013年の記事)

イラン人7人に恩赦、米国人4人釈放と引き換え 米政府(昨日の記事)

サイードさんのために、全米のキリスト教会が熱心な祈りを捧げてきました。(ウェブサイト)奥様のナグメさんは、カリフォルニアで救われ、アイダホ州にあるカルバリーチャペル・ボイシでご両親も救われた方で、カルバリーチャペルの中では有名人としてよりも、同じ家族として心に留め、祈っていた人が多いと思います。

カルバリーチャペル・コスタメサでのインタビュー(2年前)

Naghmeh Abedini from Calvary Chapel on Vimeo.

彼女は生まれはイランで、育ちがアメリカです。米同時多発テロの後にカルバリーチャペルから遣わされイランに行った時に、サイードさんに出会いました。元ムスリムで、イランの地下教会で大きく用いられていた人でした。危険が増したのでイランを去り2005年にアメリカに戻り、彼も米国籍を得ました。そしてカルバリーチャペルで奉仕をしていました。 続きを読む

「愛の軍隊」

今日は、いつもと違い、礼拝の後、午後に上野公園で伝道をしました。

愛のうちに歩みなさい
(教会の兄弟のブログ、今日の一日の恵みの報告です。)
Nasrani Shirt
その中で、今日はNasraniのTシャツを着ている姉妹がいて、私が「ムスリムの人が目に留めるかもしれません。」と言ったら、他の人が、「首を切られないようにね。」と冗談を言っていました。私がブログ等でイスラム国のことばかり話しているから、ちょっと反省。(笑)ネットで、とても懇意にしていただいている、ムスリム伝道に従事している兄弟から、ムスリムの人々のことをたくさん学んでいます。多くの人が、無神論ではなく神を信じている人を根本的に信頼、尊重しているということであり、議論の中で喧嘩のようになっても、基本的にその対話を楽しんでいる、と教えてくださいました。むしろ、世俗的な人たちよりも純粋で、イエス様の話を聞いてくれると聞いています。

という前置きで、改めてとても感動的な映像を紹介します。イスラム国の戦闘員に向かって語りかける伝道になっています。題名は、「十字架の民からの手紙、誰が敢えてISISを愛するのか?」です。(映像があまりにもきれいなので、右下の全画面に拡大するボタンを押してご覧になると迫力があります。)

【粗い日本語訳】

The world is talking about you.
Your apocalyptic dreams and spectacular sins
Are now awakening the Middle East.
In your holy war, come to holy ground.
Come, children of Abraham, come.
The people of the cross gather at your gates with a message:
世界は貴方のことを話している、
あなたの終末の夢と著しい罪は
今、中東の目を覚ましています。
あなたの聖戦で、聖なる地においでなさい。
来なさい、アブラハムの子らよ、来なさい。
十字架の民があなたの門口で、宣託を携え集まっています。 続きを読む

イスラム国戦闘員、イエス様に付いていく!

私たちクリスチャンは祈っていました、イスラム国がとんでもない数のクリスチャンを殺していく中で、私たちは、「どうか、クリスチャンを迫害したサウロが回心したように、彼らをクリスチャンにしてください。」と祈っていましたね。

あのエジプト人のコプト教徒の、勇猛な信仰の勝利と殉教エチオピア人のコプト教徒もそうでしたが、恐ろしい迫害が起こっている中で、神の御国は猛烈な勢いでそうした悪の勢力を制覇していきました。そこで、起こっているだろうとは思っていましたが、やはり起こっていました。

Report: ISIS Fighter Who ‘Enjoyed’ Killing Christians Wants to Follow Jesus After Dreaming of Man in White Who Told Him ‘You Are Killing My People’
(クリスチャンを殺すことを「楽しんでいた」ISISの戦闘員が、「あなたはわたしの民を殺している」と言った白い姿の男を夢で見て、イエス様に従いたいと思っている。)

【後記】上の英文記事を日本語に翻訳された記事があがりました。

「キリスト教徒殺害していた「イスラム国」戦闘員、夢でイエスを見て回心」

こうしたニュースは怪情報としてはありましたが、世界的に認知されている宣教団体YWAMの人が、クリスチャンの迫害を監視している、これまた世界的に認知された団体、VOM(Voice of Martyrs 殉教者の声)のインタビューで出てきた話です。

オリジナルのインタビュー

エチオピア人クリスチャンが、イスラム国によって殺され、殉教するビデオ

エチオピア人クリスチャンが、イスラム国によって殺され、殉教するビデオ

「中東でのYWAMの働き人が、今年初め、ある友人から連絡を受け、クリスチャンを多数既に殺していたイスラム国の戦闘員を紹介されました。これは、とんでもない状況で、彼が警戒したのは仕方がありません。・・・このイスラム国のジハード主義者は、クリスチャンを殺していただけでなく、それを楽しんでいたそうです。そのYWAMのリーダーに話したところによると、彼は白い姿の男が夢に現れて、「あなたはわたしの民を殺している。」と言ったそうです。そして、とても気分が悪くなり、自分のしていることに居心地が悪くなったとのこと。・・その戦闘員は、一人のクリスチャンを殺す直前に、そのクリスチャンが、「あなたは必ず私を殺すでしょう。けれども、私の聖書をあげましょう。」と言ったとのこと。そのクリスチャンは殺されましたが、戦闘員は聖書を取り上げ、読み始めました。もう一つの夢で、イエス様が彼に、わたしに付いてきなさい、と言われ、それで彼はキリストにしたがって、弟子になりたいと言っていました。」 続きを読む

「ホロコースト追悼の日」から祈る

毎年、イスラエルでは「ヨム・ハショア」というホロコーストを追悼する日を守っています。ナチスによって殺害された六百万人の犠牲者を記憶するためです。イスラエルの暦なので毎年月日が変動しますが、今年は4月16日、すなわち昨日です。(2013年になりますけれども、日本人のイスラエル留学生が書いたブログ記事がこちらにあります。)

「立ち止まる」ところにある祝福

午前中10時頃、サイレンが鳴ります。広島や長崎でも原爆が投下された時にサイレンが鳴るそうですが、どうなのでしょうか、どれだけの人が立ち止まるのでしょうか。イスラエルでは高速道路でも車を停止させ、2分間の黙祷の時を持ちます。

イスラエルから学ぶことは「安息」です。どんなことをやっていても、何かを記念し、記憶するためには立ち止まることです。安息は私たちを縛るのではなく、自由にします。今、自分のしていることは本来、主ご自身の恵みによって行っているのにあたかも自分が行っているかのように錯覚します。しかし、立ち止まることによって本来あるべき姿に矯正されるのです。そして、そこにある自由を取り戻します。 続きを読む

エジプト人キリスト者に広がる愛の御国

前記事の続きです。

兄弟たちは、小羊の血と、自分たちのあかしのことばのゆえに打ち勝った。彼らは死に至るまでいのちを惜しまなかった。(黙示12:11)」

私たちは悪いニュースを聞きますが、必ず良いニュース、福音がその裏側にあります。今、心が震えています。リビアにおいて、イスラム国のテロリストによって、斬首された二十一人のコプト教徒のエジプト人の内、二人の兄弟にあたる人が、アラビア語のキリスト教衛星放送の番組で、インタビューに答えました。次の動画を見ました。初代教会の聖徒たちの再現、また過去のキリシタンの二十六聖人のエジプト版ではないかと思いました。キリストの愛による神の御国が激しく攻め入っています。

番組進行者:「ベシールさんは、リビアで殺された被害者の一人の兄弟です。ベシールさん、今のお気持ちをお伝えください。あなたの兄弟、あなたの信仰、そして神から期待していることを教えてください。」
ベシール:「一人ではありません、二人いました。殉教者ビショイ・エスタファノス・カメルと、殉教者サムエル・エスタファノス・カメルです。彼らを誇りに思っています。ビショイは25歳、サムエルは23歳です。彼らはキリスト教の誇りです。彼らは私の誇りでもあります、誇りをもって頭を上げて歩かせています。」 続きを読む

リビアの海岸に流された聖い血

後藤さんのイスラム国による斬首に引き続き、ヨルダン空軍中尉の火あぶりの映像、そしてリビアにおいて、出稼ぎ労働者のエジプト人コプト教徒(エジプト発のキリスト教一派)21人が、リビアの地中海の海岸で斬首される映像が流れました。ヨルダンは前者により本格的空爆を開始、同じくエジプトもリビアにあるイスラム国支部の拠点への空爆を開始しました。(参照ブログ:「安倍首相の中東歴訪から見える聖書世界」)

我々キリスト者全てに対するジハード宣言

その映像に出てきた言葉、セリフは、政治的目的だけでなく、キリスト者に対する宗教的ジハードであることが明言されています。

「血で署名された十字架の国民へのメッセージ」

人々よ、最近あなた方は長い間十字架を掲げる者の斬首をする、シャムとダビク(シリアのこと)の丘の我々を見てきたが、今日、我々はローマの南側、イスラムの地、リビアにいる。ここからもう一つのメッセージを送る。

すべての十字軍へ:お前たちが我々に対して一つになって戦っているのであれば特に、安全があなたにあるようにと願いたい。お前たちがシャイフ、オサマ・ビン・ラデンの体を隠したこの海で、アッラーに誓って、それをお前たちの血も混ぜ合わせる。

私はこれまで、「主よ、来てください」という言葉を初代教会の信者たちに倣って使っていました。しかし、これほど重く、その言葉の意味が心に沈みこんだことはありませんでした。ある方がフェイスブックで以下の文を残していました。 続きを読む

後藤さん、天でお会いしましょう!

今、涙を浮かべながら書いています。日本そして世界を巻き込む事件の中でお亡くなりになった後藤健二さんですが、彼はキリストを信じる者です。晴れて天国に凱旋できました。哀しみと共に流れる歓喜の言葉をここに書かせていただきます。

まずは、私が今朝フェイスブックで書いた、主への祈りです。

「主よ、残されたご家族、奥様に深い慰めがありますように、イエス様のご臨在によっていつも支え、癒してくださいますように。経済的な必要も満たされ続けますように。

主よ、どうか祈った祈りをかなえてください。後藤さんの残したキリストの証しを、戦闘員にイスラム国の指導者の良心に、聖霊によって明らかにしてください。そしてイエス様ご自身が、他のムスリムにもしておられるように、彼らの夢、幻に現れてくださいますように。イスラム国の人々を、キリストの御国へと引き入れてくださいますように。

主よ、私たち日本国民のためにお祈りします。後藤さんは今、あなたご自身のおられる天で安息を得ておられることを知っています。それは、彼が自分の罪を悔い改め、イエスの名を呼び求め、キリストの流された血によって赦されたからです。一人でも多くの日本の人々を、後藤さんと同じところに導き入れてください。

ヨルダン国王と国民のために祈ります。どうか、国民の心を強めてください。空軍中尉が生きていますならば、奪還できますように。ヨルダン国が強められ、平和と安定を、あなたからの平和が確保されますように。彼らにも、後藤さんの残したキリストの証しが伝わりますように。

日本政府のために祈ります。テロ対策のためのさらなる知恵が与えられますように。ヨルダン国に対する難民援助を滞りなく実行し、さらに助けられますように。」

次に、MGFの菊地一徳さんが書いた言葉です。(Facebook続きを読む

人質交渉から見える「ヨルダン」

高度な内部情報

先日ブログでも紹介し、少しずつ読み進めていた「イスラーム国の衝撃」を読了しました。よくまとめられており、2001年の米国同時多発テロ以降のアルカイダの動きから現在に至るまでの流れを上手に映し出しています。一章ずつ、勉強会みたいなのをしてもいいのかもしれません。

池内恵准教授の著作は、「現代アラブの社会思想―終末論とイスラーム主義」で知ることとなりました。私は、聖書預言とイスラエルへの関心から、アラブ社会とイスラムがどのように発展してきたのかに興味が出てきて、それで手にしたところ、これほど分かり易い書物はありませんでした。初めは「思想」という分野は、取っ付きにくいかもしれません。けれども、慣れてくるとキリスト者の聖書信仰に近づいた内容、関連のあるものなので分かりやすくなります。アラブ人はイシュマエルの子孫としての系統を持っていますし、イスラムはユダヤ・キリスト教から派生した宗教だからです。

本書も決して裏切りませんでした。上記の本の続編という感じでした。つくづく、私たちはとてつもない時代に生きていると思います。時代は、いや神ご自身が、私たち日本人を無関心でいさせないようにしている、と感じています。

ところで、皆さんもご存知の通り、人質交渉は痛々しい結果となりました。湯川さんがテロリストによって殺されたことはほぼ確実となりました。そして、後藤さんを通して新たに出していたイスラム国の要求は、深刻な内容を含んでいます。それは、後藤さんとの引き換えに、ヨルダンの死刑囚となっている、自爆未遂の女性テロリストの解放です。彼らは、巨額の身代金と比べたら簡単なことだと後藤さんの口を通して話していますが、いいえ、これは本格的なヨルダン国に対する挑戦であります。「女性の囚人の解放によるイメージアップ」という即効的効果もありますが、「日本とヨルダンの分断」を狙ったものであり、「ヨルダンの弱体化」、そして究極的には「ヨルダン王国の転覆」を意図しているものです。 続きを読む

テロ戦に相対する日本人の心構え

テロはもはや「議論」ではなく「対策」の時

前記事でご紹介しましたように、イスラム国による日本人人質殺害予告について、クリスチャンとして執り成すことが、いま先決です。それ以外に、何をしなければいけないのか?まず、「対テロ戦に日本も入った」ことを認識すべきです。対テロ戦、とは心構えのことです。安倍政権批判は結構ですが、今の時点でこれを梃子に批判をすることは、まさにテロリストの目的を達成させてしまうこと。このことだけは、最低限守ってもらいたいです。イスラーム思想の研究者である池内恵氏が、今、日本が置かれている状況を下のブログ記事で指導しています。お二人の人命のみならず、これからの日本人やその他の国々の人々の安全と生命のためには、必読とも言える大切な文章であります。

「イスラーム国」による日本人人質殺害予告について:メディアの皆様へ

また、次の記事もテロと隣り合わせになる社会をどのように生きなければいけないのか、また別の研究者が良い指針を与えてくれます。

テロと自由と日本社会

ぜひ文脈を知ってほしい

そして、なぜイスラム国が人質殺害予告をするに至ったのか?その文脈は、まさに先日ご紹介した安倍首相の中東歴訪と聖書預言の記事です。

安倍首相の中東歴訪から見える聖書世界

ヨルダン・エジプト・イスラエルのイスラム国対戦の支援

ツイートでも、以下のようにまとめました。お読みください。

私はかねてから、安倍政権の政策に、同意できないものも多くあるけれども、全否定するのではなく良いところを評価していきたいと思っていました。その一つが「価値観外交」です。日本が空気のようにして当たり前にもっている自由と民主主義。それを共有している国は信頼でき、緊密な相互の経済協力をしていく、ということです。その積極的、平和的関与によって、不安定な地域のその要因を取り除く手助けをしていく、という考え方です。もちろん、戦略的に価値観の異なる人々といかに共存すべきか、ということも模索しなければ、現実的ではありません。しかしこのことも、足りない部分はありこそすれ、中国との「戦略的互恵関係」やロシアとのつながりや、日本の外交ルートを価値観でごり押しにしない点というのも大切でしょう。 続きを読む

後藤健二さんのための祈り

もう多くの方がご存知でしょうが、イスラム国に人質になった日本人二名のうち、一人はキリスト者です。

イスラム国が日本人2人(後藤健二氏と湯川春菜氏か)を人質として拘束 安倍総理による対中東2億ドル支援を非難 人質の殺害を警告【インタビュー】国際ジャーナリスト・後藤健二〜それでも神は私を助けてくださる〜

祈りをずっと捧げていますが、与えられている思いを今日、フェイスブックで分かち合いました。こちらにもご紹介します。・・

イスラム国の人質になっている、キリスト者でもある後藤健二さんのために祈るにはどうすればよいのか?多くの人がその救済を祈っているが、私もその一人だ。しかし、それよりも大事な祈り課題がある。それは、「イスラム国のテロリストの救い」である。

クリスチャン新聞1月25日に、「ムスリムの救いのため祈りを」という題で、イスラム圏宣教師の荒川恵水氏への取材記事がある。そこで荒川氏はこう告げている。

「重要課題は、イスラム・テロリストにも十字架の福音が主の特別な方法で伝えられることである。そのことを主に祈り、主がその働き人を遣わしてくださるように祈ることが私たちの責任であることを心に留めたい。(マタイ9:36‐38)」 続きを読む