私の考えるガザ戦争

いつか、ガザ地区だけでなく、パレスチナ自治区全体、そしてエジプトとヨルダン、シリア、レバノンにも、安全に自由に訪問し、現地の人たちと交流できることを夢見て、以下の文章をフェイスブックに書きました。

Arab Leaders, Viewing Hamas as Worse Than Israel, Stay Silent
(アラブの指導者は、ハマスをイスラエルよりも悪いと見、沈黙を保つ)

イスラエルの軍事行動を、非難しているのは自由主義社会のマスコミだ。しかし、それは自分たちのレンズ、情報不足に拠る偏見に基づいている。いつもは、最も非難するはずのアラブ連盟が沈黙を保っていて、エジプトはハマスへの批判をあからさまにしている。

これは、これまで中東情勢を見てきている者にとっては、驚くべきことだ。彼らがイスラエル非難の先頭に立ってきた者たちである。なぜそうなったのか?彼らの多くの国々がアラブの春を経験したからだ。独裁制への反対運動であったはずのものが、イスラム原理主義過激集団の乗っ取りが起こった。ムルシ政権になってから、シナイ半島を中心に過激集団がはびこり一気に政情を悪くした。そこから過激派テロリストがイスラエルにも攻撃をしかけた。

そして、イスラエルに接する国境の町ターバで、韓国人クリスチャンの乗る、シナイ山帰りのバスを爆破したのもこれら過激派だ。 続きを読む

日本人の考える「平和」

ガザ戦争について興味深い会話をフェイスブックで見ることができました。ベツレヘムに、唯一の福音派の神学校があります。そこが出したガザ戦争における声明を、ある日本人が訳し投稿しておられます。それに対してアメリカ人でユダヤ系のクリスチャンが、日本にも宣教の働きで関わっておられるであろう方が、進言しておられる会話です。

ベツレヘムバイブルカレッジによる、ガザにおける現在の危機に関する声明
(2014年7月25日)

ベツレヘム・バイブルカレッジの方々の声明は、双方(ハマスとイスラエル軍)に暴力の行使を停止すべきであるという声を上げています。それに対して、その兄弟が次のようなことを書いておられます。

「残念ながら、神から離れて平和はありません。この地域に平和が来ることはありません、なぜならイスラエルの敵はこの小国を残滅させたいと願っているからです。第二次世界大戦にナチスが行ったあの憎しみを、彼らも抱いています。イスラエルの敵は周囲の国々も含めたくさんいます。私の曾祖父はロシア系ユダヤ人でした。ユダヤ人は何千年も、どこに住んでいても迫害されました。これは聖書が預言している通りです。

テロリストがあなたの国にロケットを打ちこんだら、同じように反応しますか?放っておいて、いなくなることを願うだけですか?話すのは簡単にできます。この戦争において助言したい人は、責任を持っていないし、犠牲もないし、結果に関与することもありません。話しているだけの人々が、ロケットが打ちこまれてくるイスラエルに住んでいるなら、あるいは自国に砲弾が撃ち込まれてくるなら、話の内容は変わってくるでしょう。」 続きを読む

想像力を働かせる

イスラエル政府は、今回の戦争でハマスとの蹴りをつけたいと思っており、戦いはさらに長引きそうです。一般の人々が抱いているこの戦争の見方は、「圧倒的な武力をもって攻めているイスラエル軍が、学校や病院を破壊し、無辜のガザ市民を殺傷している。」というものです。千人を超えた死者がいて、イスラエルの死傷者より圧倒的に多いことを見て、イスラエルの非道、あるいは仮に正当化できたとしても愚かな方法だというものでしょう。

ここでの問題は「想像力の欠如」であります。マスコミに映し出される映像や写真によって心象で判断している、何が起こっているかを深く考えていないという問題がありますが、最も大きい問題は「想像力の欠如」です。その中でも「現場の人たちの気持ち」をほんの少しも想像していません。本当に彼らのことを考えているのであれば、それが一番気になるはず。

日本と同じ民主主義の先進国

私は、イスラエルには四度行ったことがありますが、そこは、ある本の副題で「普通ではない国で普通に生きる人々」というものがありましたが、ぴったりです。こんなに普通ではない環境の中にある国ですが、人々の生活は先進国のそれとほとんど変わりません。つまり、日本人は彼らのことを共感するのは、それほど難しいことではないのです。 続きを読む

聖書を学ぶことの難しさ、イスラエルも

信仰の基本に戻る

バプテスマ式を終え、この前の日曜日に新しい教材を使っての、新しい信者の学びについての説明を教会の人々に行いました。信仰的に新しい人々だけでなく、他の人々にも開かれた学び会にしたいと思っています。

というのは、これをずっと前に学んだ人が「最近になってようやく分かった」と仰られたからです。その時はただ宿題をこなすような気持ちだった、とのこと。これは信仰者全般の課題で「分かっているようで分かっていない。」というのが現状です。何度も聞いているから、分かっていると漠然と思っていたけれども、いざ言葉として口から出すことができるのか、また聖書に書かれてある通りの意味合いで、例えば、「悔い改め」「救い」「信仰」「聖霊」などの言葉を使っているのか。そして伝道の時に、福音の神のご計画を、相手に合わせながら、かつ真理を曲げることなく語ることができているか、そんな課題があると思います。

私も同じです。大学二年生になる直前に明確に信仰を持ちましたが、教会や伝道に熱心になっていた自分が就職二年後に渡米し、そこで牧会訓練校に通い始めたのですが、「悔い改め」という言葉を忘れたクリスチャン生活であったことに気づいたのです。それで、牧師などという大袈裟な話ではなく、クリスチャンのイロハに戻ろうという初心に帰りました。

こうした過程が、信仰生活の中であると思います。これはヤコブ書1章にある、「聞いているだけでなく、御言葉を実践する者になりなさい。」につながる過程です。つまり、聞いていて分かっているつもりが、生活の中で生かされていないという課題です。これをじっくりと、時間をかけて主に働きかけていただくことが霊的生活ではないでしょうか。

分かっているつもりで分かっていない聖書

聖書の学びも同じでしょう。知識的には分かっているはずの話、聖書箇所であったりします。そして教会生活が長くなると、説教を聞けば「また同じ話をしている。」と思います。そして牧者に対しても批判的になります。「俺たちは現実の生活でもがいているのに、聖書ばかり見てなんかのうのうとしているな。」 続きを読む

過激な愛とその宣教

イスラエルによる対ガザの防衛境界作戦は、地上戦へと入りました。まずはその報道と、作戦の目的を書いた記事をここに紹介します。

地上軍投入は不可欠:元南方総司令官ツビカ・フォーゲル氏 2014.7.16

地上軍・ガザ侵攻開始 2014.7.18

今朝、私たち夫婦は祈りました。「犠牲者が極限に抑えられますように。正義が速やかに執行されますように。そして、この困難な時に、パレスチナとイスラエルのクリスチャンたちを通して、キリストの光が照らされますように。」

ユダヤ人とアラブ人への宣教の働きをしているジョエル・ローゼンバーグ氏も次の祈りの要請をしています。「クリスチャンの皆さん、ガザのパレスチナ人に、またイスラエル人に、主が静けさと、慰めと癒しを授けてくださるよう祈り続けてください。交戦に巻き込まれている何百万もの無実のユダヤ人とアラブ人のために祈ってください。そして、ハマスとイスラム聖戦のテロリストのためにも祈ってください。神が抜本的に彼らの心を変え、暴力と悪から立ち返り、イエス・キリストとの個人的な関係に入れますように。神は、聖書時代、テロリストを救い、一変させてくださいました。私たちの時代にもしてくださいます。自著”Inside Revolution”のために、そのような沢山の方々に会い、取材しました。主がこの危機に大いなることをしてくださいますように!」(Facebook)

この”Inside the Revolution“の中で、著者ジョエルは、まだ鉄のカーテンのあった共産圏に聖書を運び続けた、名著「神の密輸商人」ブラザー・アンドリューの働きを紹介しています。その本が、Light Forceです。私はこの二冊で、中東を神がどう見ておられるのか、また宣教とそのにある神の過激な愛を知りました。 続きを読む

「イスラエルを祝福する」は偏愛ではない

イスラエルを祝福するとは」と「怒る者から、執り成す者へ」の記事の続きになります。

創世記12章3節を取り上げて、「イスラエルを特別視する」ということを、親イスラエルのキリスト者に対して批判者は声を上げます。もちろん、しっかりと調べた上で、公正な目で状況を判断しなければいけないことは言うまでもありません。しかし、そのような批判者こそがまともに状況判断をせず、公平性に欠けている場合が多い、ということは言わなければいけません。イスラエル情勢を注視している者たちは、数々の偏見と不公正を見てきたので、強い反発を抱き、なぜ神がアブラハムに、「あなたを呪う者は呪われる」と言われたのかが、合点が行くようになります。

つまり、イスラエルを祝福するのは、それが自体が目的ではなく、神の正義と公正を追及した結果、そういう立場になるのです。

聖書全体において、イスラエルを神が祝福することが、すなわち神の国の成就であり、イザヤが幻の中で見た、正義と平和が満ち満ちた世界を見る事につながります。イスラエルを祝福することと、神の正義を求めることは表裏一体なのです。

現地からの小さき声

私が目に留まった小さき声をここに紹介します。 続きを読む

怒る者から、執り成す者へ

二週間、日本を離れていたのですが、戻って来たらイスラエルのガザ空爆のことで、賑わっているので驚きました。驚いたのは、その空爆ではなく、いつもはイスラエルとパレスチナの関係に無関心な日本人が、空爆の画像を見て「戦争はいけない」と口角泡を飛ばしていることです。以前、ネタニヤフ首相来日に無関心の日本の非常識をブログに書きました が、全く対照的な反応なのです。はたまたイスラエルの行動を擁護する少数の人々は、自衛隊派遣の正統性を補強するために語っているという・・。いつまでも限りなく内向きな姿にむしろ、現地の戦争よりも深刻な問題を感じます。

平和を掲げながらの戦争準備

私はその海外において、そこにいるクリスチャンたちに、マスコミ情報が国の思惑とも相働いて、その心が戦争の準備をさせていること、そのようにして悪魔が巧妙に働いていることをお話ししました。皆が日本の集団自衛権の是非を論じていますが、既に戦争は心の中で始まっているのです。マスコミのごく一部の見方によって心の中に、じわじわと漠然とした偏見が沁みこんでいます。

そして、いざ国が戦争行為を出動させる時、国民の支持が得られる必要があるのですが、長いことマスコミで操作された情報を受けていたので、容易に支持するようになるのです。これが戦争のからくりです。戦争反対あるいは支持を掲げる前に、自分が果たして公平に、冷静に状況を分析しているのか、知らないでやみくもに主張していやいないか、吟味する必要があります。

続きを読む

大いなる田舎の国、それは日本

この題名の文から始まっているのは、次のブログ記事です。

中東の状況 戦略的見方からまとめると

今、第一次・第二次世界大戦による欧米中心の世界秩序が、特に中東においいて崩れ始めているということです。

私は、ほとんど一語一句、そのつぶやきに同感しました。ぜひぜひ、時間を取ってご一読ください。この前のネタニヤフ首相の来日において、主要マスコミの報道がほとんど皆無であったこと、また関係者の方々から聞く、あまりにも無知にあきれ返り、それがキリスト教関係者も例外ではないこと。

今、安倍政権による集団的自衛権の是非については、私はよく分からないのですが、「ちょっと待って、その前にこちらの把握のほうが大事でしょ?」と呻き、叫びたくなります。そして反原発の方、ぜひ上の記事をお読みください、火力発電の燃料は、ほとんどその地域から来ており、ここで何かあったら、今の生活基盤がどうにかなってしまう恐ろしいことが起こるのですよ。

当ブログにも、関連記事をたくさん書いています。聖書信仰者にとっては、最も役立つであろう情報は、以下の記事です。

エゼキエルの見た幻(36-39章)

上の記事に直接関係するものは、「イスラエル・アラブ紛争史2 (ヨム・キプール戦争とその後のイスラム革命)」の講義です。

そして、池上彰さんというキーワードで、以下の歴史解説も役立つと思います。

ここが変だよ!池上彰さん (その3)

【後記】下の同筆者による記事も、領土問題を考えるにおいて大変参考になります。何というか、日本はあまりにも島国という地理的位置から世界を見ているという、不公平な見方をいつもしてるなー、と感じています。(汗)

国境は線でなく面で 地政学的考察 イスラエルの場合

イラクの無政府化

イラクがサダム政権陥落後、最も大きな試練を迎えています。イスラム過激武装集団である、ISIS(「イラクとシャームのイスラーム国」)がイラク第二の都市モースルを攻略し、首都バグダッドに向かっているそうです。

イラク武装勢力、首都バグダッドに迫る 米軍空爆の可能性も

危機的混乱のイラク 2014.6.13

iraq-isisfighterもう一度おさらいすると、中東情勢において知らなければいけない存在は、イスラム過激主義です。アラブ人だからといって宗教的な訳ではありません。世俗派とイスラム復古主義との対立は激しいです。そしてイスラム復古主義の中でも、サウジのような王権を保持するところと、王政も破壊しイスラム法による統治を行う勢力との確執も大きく、見極めが必要です。

ですから、エジプトで起こった反クーデターは、世俗的な軍部と、イスラム原理主義を標榜するムスリム同胞団の対立であり、シリアの内戦は、世俗的なアサド政権に対抗する反乱軍の中に、こうしたイスラム過激主義が入り込んで勢力を伸ばしているというのが現状です。

イスラエルが戦っているのは、こうした過激派です。レバノンでは、シーア派のヒズボラからのミサイル、ガザ地区ではスンニ派のハマスがいます。そしてその背後には、イスラム法による統治を行なうイランの支援があります。

今回の過激武装組織はアルカイーダ系であり、国境を超えたネットワークを持っています。 続きを読む

今と昔の日本・イスラエル関係

前記事「ネタニヤフ・イスラエル首相訪日」の補足記事ですが、首相の訪日中は情報を更新していきますので、一度ご覧になった方ももう一度戻って見てください。

私は今回の非常に静かな(?)ネタニヤフ首相訪日を通して、興味深い日本とイスラエルの関係を見つけることができました。

安全保障の協力

一つは、「イスラエル友好議連」という議員たちの集まりを主催している、中谷元衆議院議員の存在です。ネタニヤフ首相がこの場でお話しをしました。
『日本・イスラエル友好議員連盟』主催 歓迎昼食会

中谷氏は、元陸上自衛官であり、テロリズム対策のための法整備等で動いている人です。イスラエル公安大臣イスラエル武官とも会っています。そこで今回の共同声明には、サイバーセキュリティーと日本の国家安全保障局とイスラエルのそれとの意見交換、また両国の防衛当局の交流拡大を図るというものがあります。ネタニヤフ首相は、北朝鮮の核脅威とイランの核脅威の共通課題があるから、協力しなければならないことを強調しました。

かつての日本も、ユダヤ人への働きかけは軍人から始まっています。「安江仙弘」という人物がいます。彼は反ユダヤ主義の古典「シオン賢者の議定書」に興味を示し、翻訳までしましたが、パレスチナとエジプトに訪問した時に、観念的な反ユダヤ文書によるユダヤ人理解の誤りを悟りました。けれども、ユダヤ人の流浪の姿に同情して、陸軍きってのユダヤ通になったと言われています。そこで安田は、満州国におけるユダヤ人保護に尽力しました。彼はイスラエルの「ゴールデン・ブック」に偉大なる人道主義者としての名前が刻印されることとなりました。 続きを読む