プロフィール

明石清正(ハンドル名「きよきよ」)
 ロゴス・ミニストリー 主任
 ロゴス・クリスチャン・フェローシップ(LCF) 牧師
 カルバリーチャペル・コスタメサ宣教師

日本で生まれ育ち1995年に妻とともに渡米、米国カリフォルニアにあるカルバリーチャペル・コスタメサ(Calvary Chapel Costa Mesa)に通う。その中にある「スクール・オブ・ミニストリー(School of Ministry)」で訓練を受け、97年帰国、東京を拠点にして聖書を教える働きを開始。2011年初頭よりLCF(ロゴス・クリスチャン・フェローシップ)の教会を始める。

救いの証し(体験)はこちらにあります。

※ 当ブログは、LCF教会や対外的なミニストリーの活動を中心に書いていますが、きよきよの個人見解の意見投稿もあります。それが必ずしも教会の方針とは限りませんのでご了承ください。

「プロフィール」への11件のフィードバック

  1. こんばんは。
    はじめまして。
    私は、沖縄県でmissionaryとして、神様の働きをしています。
    このように、真理を伝えることをおしまない兄がいることを、主に感謝します。
    ホームページ&ブログを見ました。
    これからも何かとよろしくお願いします。
    祈り合っていきましょう。

  2. I’ve been blessed by your teaching on Romans. I’ve been reading the book of Romans 6-11 everday in March. I am just following the advice on John Macarthur who said to choose one of the book of the Bible and read it everyday for a month. Anyway I came to Santa fe New Mexico 24 years ago. I have 3 daughters, Miyuri, Miwa and Miki. God called my husband Vince home 5 years ago. Here I am, living in a foreign country, raising 3 daughters alone, You got to say that ” It must be God!” Right? God is faithful and has been sustaining me. I’ve been loved and blessed by my church, Calvary Santa fe, which I and my daughters attend. Thank you for all you do for the people in Japan. They need Jesus. Keep encouraged!

    Misako

  3. 聖書、全書簡の貴重なメッセージをいつでも、誰でもが読んで、聞けるようにしてくださっていることに感謝します。
    また、メッセージ自体が「聖書を正しく解き明かす」ことに集中されているので、各書簡、各箇所を通して神様が何を教えて下さろうとしているのかを知ることができるので本当に恵まれます。
    終始一貫、御言葉を解き明かすメッセージというのは、どこにでもありそうで、実はどこにもなかった(私の探した限りにおいてですが)ので、本当に貴重なものだと思っています。
    これからも、主に用いられて、さらに深い解きあかしを与えてください。

  4. ありがとうございます この<聖書の学び>に出会ったのは10位前になるでしょうか むさぼるように 乾ききったのどに大量の清水を流し込むように
    時を惜しむ間もなく読み聞き入っております

    今まで聖書は難しい読み物だとおもっていたし 実際に読んでも解りませんでしたがここでは微にいり細に入り神様のみ言葉が説かれております
    こんなに聖書が親しみのある賭けがいのない存在だと言うことに初めてきづかされました 

    ワクワクしながら聞き読み進めています
    ここに至らせて下さった神様の導きに感謝します

    主の御業がおこなわれますように!!   

  5. こんばんは。

    友人から先生の本を進められて、聖書のガイドブックとして愛読しています。
    聖書をより近しく読めるようになりました。

    今日からこちらのHPのメッセージも読ませていただきます。
    旧約の創世記のメッセージにあった『聖書が書かれた目的を一言で言うと、「イエス・キリストという方を知る。」ということです。』にあらためて心とらえられました。
    私自身、これまで宗教をやってきた中途半端クリスチャンです。
    宗教でなくイエス様ですね!
    気付かせて、軌道修正を与えて下さるイエス様に感謝します!
    ご計画の広さ長さ深さ高さをもっともっと知っていきたいです。
    ロゴス・ミニストリーのお働きをお祈りしています。

  6. 聖書の解説をしてくれる所を探していて非常に喜んで聞かせていただいてます。
    まさに求めれば答えてくださると思います。
    今、悩んでいることにも答えをくださった気がします。
    聖書に忠実に解説をしてくれてる気がします。
    なかなか納得のいく組織に巡り合えず、参加できるところがなく残念に思ってました。
    熊本県ですが、集会場ができれば嬉しいですね。

  7. 私は2年前から英会話習得が目的でアメリカ人の多い教会に加わったのですが、日曜礼拝に参加して牧師の話や賛美歌を聞いているうちに、心が安定感と至福感に満たされて人生が一変し、すぐに洗礼を受けました。しかし日本人同士の聖書勉強会に参加してから、聖書のあまりの荒唐無稽さにウンザリしました。このままでは信仰が薄れそうだったので「信仰を守るために」勉強会から離れました。
    今の私は祈りと賛美の中に信仰を深め、最近では異言さえ出てきました。信仰とは勉強する事では無い。信じる事でさえ無い。心を聖霊に占領される事、神に自らを明け渡す事ではないでしょうか。そのために、聖書が邪魔ならそれを遠ざければよい。「奴隷は神に従うように主人に従わなければならない」「支配者のために祈れ。権力者には従いなさい」と言う聖書の教えを強要する人達が、人々のキリストへの道を遮っている。

  8. 聖書の学びを惜しみなく公開して下さって、感謝しています。
    忠実で、聖書が語っている通りのことが語られていることと受け止めさせられ、それぞれの箇所において、何が語られているのかがとてもよくわかります。
    人々が、聖書に立ち返らされますように。

  9. ここ数年、祈りの内に聖書の学びをしておりましたが、イザヤ書からの語りかけが圧倒的に多く、内容も濃いものだったので、1章から学ぼうと、注解書をヤフオクで購入し、本日、合わせてネット検索をして、ロゴスミニストリーの講解のページを拝読させていただきました。
     黙示録3章のラオデキヤの記事、チャックスミス氏の祈りの姿勢に、考えさせられました。繁栄からの急激な萎みへの警告として、私個人も真摯に受け止め、祈りの課題と致しました。

  10. はじめまして。

    じっくりと観覧させていただきました。

    私がふと思う疑問を、エゼキエル38の預言について最近よく取りざたされますが、これらのことはロシアやトルコの首脳部も聖書を学んだと思いますので、知っていると思いますが、そこで彼らの判断で聖書預言(エゼキエル38)もロシアやトルコの知識人の判断によって回避できるのではないでしょうか?
    よろしくお願いいたします。

  11. 極めて問題の多い教会があります。どうしたらよいか悩んでいます。
    どのような形で問題にしていったらよいか悩んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です